食品からの被ばく量

食品からの被ばく量

平成23年秋に福島県等で流通している食品を調査し推計したところ、食品からの放射性セシウムによる被ばく線量は、年間0.002~0.02ミリシーベルト程度でした。
また、平成24年2月~28年3月までの半年ごとに全国各地で調査し推計した結果では、福島第一原子力事故を原因とする食品からの被ばく線量は、年間0.01ミリシーベルトを下回る結果でした。なお、日本人平均の食べ物からの自然放射線による年間の被ばく線量は0.99ミリシーベルトです。