医療で受ける放射線

医療で受ける放射線

日本人が1年間に受ける自然放射線の平均線量は、約2.1ミリシーベルトですが、日本人の医療に関連した被ばく量は、約3.9ミリシーベルトで、合計すると、年間約6ミリシーベルトとなっています。世界の医療被ばくは、平均で0.6ミリシーベルトであり、日本人はCT検査などによる医療被ばくが多くなっています。